人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

あなたが夏のためにポンドを流そうとしているならばあなたがするべきではない1つの重要なこと

サマータイムは、長い日、遅い夜、そしてぎっしり詰まったソーシャルカレンダーを要求します。翻訳:パティオでワインを2、3杯飲んだ後の深夜のおやつは、1回限りのおやつではなくごく当たり前のことになります。しかし、ビキニやビーチへの旅行もあなたの夏の一部であれば、あなたは寝る前にチップのその袋に手を伸ばす前に二度考えたいと思うかもしれません。

で報告されているように 形状ペンシルバニア大学のPerelman School of Medicineの研究者らが行った新しい研究によると、「一日の早い食事と比較して、長時間の遅延摂食は体重、インスリンおよびコレステロールレベルを上昇させ、心臓病に関与する脂肪代謝およびホルモンマーカーに悪影響を及ぼす。 、糖尿病、その他の健康問題。」

あなたも好きかもしれません:これらのおいしい菱形の一つをぽんと鳴らすことは二度と食べ過ぎないことの秘訣かもしれない

この研究では、健康な体重の成人が2つの条件を受けました。1つは8週間の昼間の食事(午前8時から午後7時の間に3つの食事と2つの軽食)です。 )8週間キャリーオーバー効果がないことを確認するために、条件間に2週間のウォッシュアウト期間がありました。睡眠期間は、午後11時から午後11時まで一定に保った。午前9時、参加者は、最初、最初の摂食後、2週間の休薬後、そして2番目の摂食後に健康状態を判断するために採血された。

調査結果は最近SLEEP 2017、関連専門家睡眠協会LLC(APSS)の第31回年次総会で明らかにされました。 「睡眠不足の研究から、睡眠不足の場合、深夜の食事のせいで体重と代謝に悪影響があることがわかっていますが、睡眠を制御するこれらの初期の発見は、より包括的な利点を示しています研究の主任著者であるNamni Goel博士は、次のように述べています。 「後で食べることは、糖尿病に関係している高グルコースやインスリン、心血管の問題や他の健康状態に関連するコレステロールやトリグリセリドなどの体重、エネルギー、ホルモンマーカーの否定的なプロファイルを促進する可能性があります。」

結論:参加者が遅く(午後11時まで)いつでも早く(午後7時まで)いつでも食事をすると、体重が増えて代謝が遅くなりました。あなたが夏のためにいくつかのポンドを流すか、またはその新しいビキニに合うようにポンドをオフにしておきたいならば、絶対に心に留めておくべき何か。