人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

44年間にわたる研究からの新しいデータは、ピルが30年間何人かの癌に対して保護することができることを示唆しています

ゲッティイメージズ

アバディーン大学が実施した44年間にわたる研究によると、避妊薬を使用したことのある女性は、これまでに服用したことのない女性よりも、腸がん、子宮内膜がん、または卵巣がんになる可能性が低くなります。

経口避妊薬に関しては、46,000人以上の女性が40年以上にわたって追跡調査されており、避妊薬に関するより明確な答えと、それが癌とどのように関連しているかを期待しています。 「研究は非常に長い間行われてきたので、ピルに関連する非常に長期的な効果がある場合はそれを見ることができます」と研究を率いたDr. Lisa Iversonは説明し、チームは、ピルが女性の人生の後半の段階に入ったときに女性にどのように影響するかに興味を持っていました。 「女性が年をとるにつれて、人生の後半で新たな癌のリスクが発生するという証拠は見つかりませんでした」とIverson博士は言います。

あなたも好きかも:どの避妊薬があなたに良い肌を与えているか、そしてどれがそれを悪化させる

「最大44年分のデータを調べた結果、ピルを使用したことのある女性は、結腸直腸癌、子宮内膜癌、卵巣癌になる可能性が低いことがわかりました。」ピルを使用することによる保護の利点生殖年数の間は、女性がピルの使用を中止してから少なくとも30年間持続し、世界中で何百万もの心を安心させています。 「これらの結果は安心できます。特に、ピルユーザーは生涯にわたって全体的に癌のリスクが増大することはなく、一部の特定の癌の予防効果は少なくとも30年間持続します。」

完全な調査結果はに掲載されています 産科婦人科のアメリカンジャーナル。