人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

Niveaについて知らなかった6つのこと

美の世界では、私たちは常に次の大きなことを探していますが、時々、最善の解決策のいくつかは永遠に出回っているものです。化粧品化学者のKelly Dobosは、Niveaについてあまり知られていない秘密を共有し(1世紀以上も前から出回っているとは思わないでしょう)、これは興味深い話がある1つのスキンケア主食です。

100歳以上です
そうです、1911年に発売されたNiveaCrèmeの処方は100年以上前です(厳密には106近く)。

その名前でさえ物語があります
Niveaという名前は、雪に覆われた、または白雪姫を意味するラテン系の形容詞の女性形から来ています。これは、NiveaCrèmeの鮮やかな白の色への参照です。

あなたが好きかもしれません:最大の違いを生む7つの小さな微調整をあなたの肌に作りましょう

それほど変わっていない
私たちは永遠に美しさの中でこれまでに見たことのない方式を探しています、しかしこれはそれがそれが正しいことを始めから正しいと感じた1つの製品です。 「変化する消費者および規制の傾向に対応するためのフレグランスおよび防腐剤へのわずかな変更を除いて、製品の有効性および人気は時の試練に耐えました」とDobosは言います。

それは本当にユニークな定式化を持っています - 今日の基準でさえ
Dobosによると、ほとんどのボディモイスチャライザーは水中油(O / W)と呼ばれるタイプのエマルジョンです。これらのローションの大部分は水で、約70から80パーセントです。」ニベアクリームは違います。それは油相がエマルジョンのはるかに大きい部分を構成する油中水型エマルジョン(W / O)である。 W / Oエマルションは、より高い濃度の皮膚軟化剤成分を詰め込み、皮膚のバリア特性を強化し、そして持続的な水分補給を提供することができる。しかし、W / Oエマルションは安定させるのがより困難です。」

あなたも好きかも:あなたのアンチエイジングルーチンをアップグレードする7つの簡単な方法

それは薬局で生まれました
多くの成功した化粧品と同様に、Niveaブランドは薬局科学に根ざしています。 Oskar Troplowitz博士はラノリンの強力な乳化性と保湿性を認め、これをEuceritと呼び、1911年に最初の大量生産用の安定した油中水型エマルジョンが誕生しました。

それは羊の源を持っています - そしてそれについて本を書いたことさえあります
それはラノリンやウールワックスを主な成分として使っている唯一の美容製品ではありませんが、それについての本を書いたのはおそらくそれだけでしょう。 「ラノリンは、羊の皮脂腺から分泌され、個々の羊毛繊維の上に保護的な防水層を形成します。)「羊は、その羊毛が重くなるのを防ぐために定期的に裂く必要があります」と述べています。 「ラノリンは、ショーンフリースの洗浄から得られるので、天然で再生可能です。未加工ウールワックスの濃度は、剪定フリースの5〜25%の範囲で変わり得る。 Niveaの親会社であるBeirsdorfは、ラノリンとその誘導体の特性に関する長年の研究に基づいて本全体を出版しています。