人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

あなたが歯磨き粉で赤ワインを見始めるかもしれないなぜ驚くべき理由

ワインを飲むことと健康的な笑顔を維持することとの関係について私たちが知っていることはすべて否定的です。特に白ワインでは、エナメル質を弱め、歯のカルシウムを食い尽くす可能性があるため、赤からの変色、場合によっては重度の変色、高い酸度があり、より深刻な問題につながります。歯科医は長い間彼らの患者に歯に対するアルコールの影響について警告してきました、それが新しい研究の結果がとても衝撃的である理由です。

調査結果は、マドリッドのスペイン国立研究評議会によって実施され、 農業と食品化学、それはそれが含まれている抗酸化物質に富んだ微量栄養素のおかげで実際に歯を保護するかもしれないことを示唆しています、そしてそれはプラーク、虫歯と歯周病を引き起こす細菌を破壊するのを助けます。

あなたも好きかも:ワインを飲んだ後あなたがすべきではない1つの重要なこと

この結論に達するために、研究者らは歯肉組織をモデル化する細胞を研究し、ワイン - カフェイン酸とp-クルマリン酸に含まれる2種類のポリフェノールが細菌の細胞付着能力を低下させることを発見しました。調査著者のDr. Victoria Moreno-Arribasは、「口腔疾患を治療するためのこれらの化合物の投与方法は最適化されるべきである。口腔衛生管理における食事性ポリフェノールの適用のための興味深いマトリックスとして口腔洗浄剤およびチューインガムが提案されている」と述べた。翻訳:この発見は、これらの成分を含むワインにインスパイアされたオーラルケア製品の新しいトレンドを刺激するかもしれません。

このニュースは大きな話題を呼んでいますが、多くの歯科医が懐疑的であると言っても安全です。カリフォルニア州ビバリーヒルズの化粧品歯科医、Kourosh Maddahi(DDS)と話をしました。

「細菌を殺すことは口の中の間違った概念です」とDr. Maddahiは言います。 「口腔内の細菌の98パーセント以上が、ウイルス、感染症、病気から身を守る保護細菌です。アルコールは無差別に細菌を殺します。酸味と染色効果、そしてそれが細菌を殺すという事実は間違った選択になります。」

あなたも好きかも:このLeave-In Sprayはあらゆるワイン愛好家のために作られています

ほんの少しの量の練り歯磨き粉ができるまでには、もっと研究を重ねる必要がありますが、何杯かのワインを飲んだ後に歯が乾くのを感じるのを否定することはできません。息なので、これは遅れないようにするための1つの研究です。

最新情報についてはNewBeautyにご注目ください。